婚活パーティーに来る女性はレベルが低い?本気で真面目な女性と出会うには?

婚活パーティーに参加しようか迷っている男性が一歩を踏み出せない理由の1つに、「女性のレベルが低い」という噂があります。

婚活パーティーに来る女性は「自分自身のことをイケると勘違いしていて、相手の男性の年収などの条件を高望みしている」という口コミを耳にした男性もいらっしゃるでしょう。

そんな口コミを見たら、婚活パーティーに参加してもただお金と時間のムダ遣いなんじゃないかと思ってしまう気持ちはよくわかります。

せっかくお金を払って時間を作ってパーティー会場に行ったのに、レベルの低い女性ばかりだった。

たとえ美人がいたとしてもサクラだろうし、サクラでないとしても競争率が高くてとても相手にしてもらえないだろう。

こういうネガティブな考えが消えずに婚活パーティーに参加しないのなら、それってすごくもったいないと思いますよ。

婚活パーティーや街コンにも普通にカワイイ女の子や美人の女性は参加しています

インターネットでの口コミを見ると、婚活パーティーで美人の女性と出会えたという口コミが間違いなく存在しているからです。

私自身も、以前に街コンに参加したときには「ブスしかいない」なんて全く思いませんでしたよ。

見た目に全く問題ない女性しか見かけませんでしたね。

しかも、参加者の女性の1人と親しくなることができて連絡先を交換し、後日には2人きりでの食事までできました。

ちょっとしたコツや知識を知っているだけで、婚活パーティーや街コンでレベルの高い女性と出会える確率が簡単にグ~ンとアップします

婚活パーティーで結婚に対して本気度が高い真面目な女性と出会うために大事なことをまとめるので、しっかり読んで覚えてくださいね。

婚活パーティーの参加女性に悪いイメージがあるのはなぜ?

NG

婚活パーティーに来る女性はレベルが低い、相手男性への条件を高望みしている、自分自身のことを勘違いしている。

こんな口コミやイメージがある理由はなぜでしょうか?

婚活パーティーの参加女性にマイナスイメージがついてしまう理由をまとめます。

①結婚できない重大な欠点があって売れ残りになっている?

当たり前のことではありますが、婚活パーティーに来ている時点で結婚できていないということです。

プライベートで結婚できるチャンスがないから婚活をしている。

つまり、結婚できない何か重大な欠点があるからというイメージを持たれてしまいやすいわけです。

普通に結婚できるのなら、わざわざ婚活パーティーに行かなくても結婚できる。

だから、婚活パーティーに来る女性は見た目や性格などに結婚できない欠点があるんじゃないか、と思われてしまうんです。

②結婚や男性に対してガツガツしすぎている?

婚活パーティーはパーティー形式のために、男女がそれぞれ異性をリアルで目の前にして婚活をします。

そして、気になる相手を選んでマッチングするかどうかの結果になります。

結婚相手を見つけたい男女が同じパーティー会場の1ヶ所に集まるので、結婚したくてがっつくイメージが持たれてしまっているようです

実際に婚活パーティーに参加した人の体験談や感想談のブログには、人気のある男性の隣を占領したまま動かない参加者女性の目撃談が書かれていることがあります。

そのイメージから、婚活パーティーに参加する女性は結婚やイケメンにがっつきまくってるんじゃないかと思う男性も少なくないようです。

③結婚相手の男性に求める容姿や年収の条件が高すぎる?

money

パーティーの場に来る女性は華やかな雰囲気にあこがれていて、結婚相手やお付き合いする彼氏に対しての条件が厳しそうというイメージを持つ人がいます

たとえば、外見は身長の高いイケメンでないとダメだとか、職業が医者や弁護士で年収が1000万クラスの高収入でないとダメだとか・・・

そんな高望みをしてる女性ばかりが婚活パーティーに来ている、と思われてしまっている傾向もあります。

ですから、そんなパーティーに参加してもどうせマッチングしないと考えて、参加をやめてしまう男性もいるようです。

婚活パーティーの参加者はレベルの低い人ばかりではない

婚活パーティーに来る女性のレベルについて、悪いイメージを持たれてしまう理由について3つまとめました。

でも、これらの理由は完全に事実とは言えません

性格や振る舞いがよくない女性を婚活パーティーで見かけることもあるかもしれませんが、ほとんどはごくごく普通の女性の参加者です。

「婚活をしている人はわざわざ婚活をしないと結婚できない人であり、婚活パーティーはモテない人が参加する」という偏見やイメージが独り歩きしてしまっています

実際にパーティーで見かけた人が体験談としてブログに書いている場合でも、参加者のごく一部のレベルの低い人が目立ってしまって書かれてしまったのでしょう。

ネガティブなイメージはどうしても記憶に残りやすいので、最悪最低の参加者がクローズアップしてしまっているんですね。

実際に人気の婚活パーティーの口コミを見ても、「はずれ」の女性が少なくて素敵な女性とマッチングした口コミがいくつもありますよ。

↓↓↓婚活パーティーの口コミを読んでみるにはこちら

性格などに問題がないのに婚活パーティーに来る女性の心理や理由

虫眼鏡

では、結婚するのに性格や容姿に何か大きな問題や欠点があるわけじゃないのに、なぜ婚活パーティーに参加する女性がたくさんいるのでしょうか?

婚活パーティーに来る女性の3つの心理や理由をまとめます

①職場などプライベートで同年代男性との出会いがないから

職場によっては、同年代の女性と男性との出会いがほとんどないところも珍しくありません。

たとえば、出会いのない職場として知られている職業が看護師や保育士です。

現代は、昔と違って職場の上司がお見合いをすすめるとか近所のおせっかいなおばちゃんがいい人を紹介するなんてこともなくなってきてしまいました。

そのため、出会いの期待できない職場だと婚活をしないと結婚どころか同年代の異性と知り合うことさえ難しい状況になってしまいます

だから、見た目も性格も全く問題がない女性が婚活パーティーに参加するということも全く不思議なことではないんです。

②年齢を重ねて結婚や将来のことを真剣に考え始めてきたから

悩み

職場での出会いがない理由とつながっている部分もありますが、出会いがないまま年齢を重ねてしまって将来のことを考え始める女性も多いです。

特に、30歳前後のアラサーになってくると結婚について真剣に考え始めてくる本気度の高い女性が多いです

それまでは仕事を頑張ってきたけど、あるときにふと今の年齢や将来のことを考え始めて婚活を始める女性が増えています。

今は女性も社会進出して仕事をバリバリしているので、こういうパターンの女性が増えてきて婚活をする女性も多いんですよ。

③たまたま彼氏と別れて1人になってしまったタイミングだから

どんなに順調に恋愛や交際が進んでいたとしても、ある日突然なにかの理由で別れがやってくる可能性はあります。

たまたま付き合っていた彼氏と別れて寂しい気持ちになり、婚活パーティーに参加してみようかなというパターンもあるんです

彼氏と別れて寂しいから結婚相談所に入会しようなんてケースはあまりないでしょう。

でも、婚活パーティーなら気軽に参加してみようかなというケースはかなりあります。

つい最近までお付き合いしていたけど、彼氏と突然の別れが来てしまって1人になって婚活パーティーに参加するわけです。

今までずっと恋愛経験がなかったからではなく、たまたま今1人になってしまっただけということなんです。

こういうケースで婚活パーティーに参加する女性は、レベルが低いどころかむしろ高い期待がかなりありますね。

レベル分けで覚えておきたい松下幸之助の「2:6:2の法則」

グラフ

婚活パーティーに参加する女性は、必ずしも何かの欠点を抱えているとかレベルが低いわけではないということがわかりましたね。

しかし、残念ながら欠点が本当にある女性もわずかながらいるのは事実です。

口コミや体験談で、サクラまではいかなくても完全に遊び目的だったり、逆にガツガツしすぎてたりなど、レベルが低い女性と出会ってしまった男性は少なからずいるようです。

欠点だらけのレベルが低い女性を知らずに選んでしまうと、結局はうまくいかなくて分かれてしまってお金や時間をロスしてしまいます

そうならないためには、どうしたらいいのでしょうか?

1つ覚えておきたいことで、松下電器(現在のパナソニック)の創業者である松下幸之助が提唱した理論の「2:6:2の法則があります。

簡単に言うと、全体の2割が優秀、6割が普通、2割がよくない、となる法則です。

ビジネスの組織での社員の優秀さに使われるだけじゃなく、単純に人の集団の場で使われることもあるんですよ。

これを婚活パーティーの参加者にもあてはめてみると、参加者の女性のうち2割が美人で6割が普通で・・・ということになってきますね。

この法則があてはまるのは、見た目の外見だけじゃありません。

もちろん、参加者女性の中身や性格の良さにも「2:6:2の法則」が当てはまってきます

パーティー参加女性の8割があなたの結婚相手の選択肢になる

赤い糸

2:6:2の法則が婚活パーティーの参加者女性にあてはまるとして、上位の2割を狙いに行くべきと思うかもしれません。

でも、上位2割の女性だけを狙いに行くのはおすすめしません

人気上位の女性は競争率も当然高くなりますし、そもそも競争率の高い参加者の女性とまともに会話できるチャンスを作れるかも難しくなってきます。

最悪の場合、人気女性の周辺でウロウロするだけで会話が全くできずにフリータイムが終わってしまうリスクだってあります。

そこで、狙う女性は上位2割だけじゃなく普通の6割の女性も含めた8割がおすすめ

つまり、上位レベルの2割を選ぼうとするのではなく、下位の2割の女性を選ばないようにするのが大切なポイントなんです。

婚活パーティーでレベルの低い女性を選ばない3つのコツ

乾杯

婚活パーティーでは、上位2割だけを狙うのではなく下位2割を選ばないようにすることが大切であることが分かりました。

では、どうしたら婚活パーティーでしっかりした女性を選ぶことができるのでしょうか?

また、あなたに価値観の合うピッタリの女性を選べるのでしょうか?

そのためのコツを3つまとめます。

①とにかく女性と会話をして性格や価値観が合うかを判断する

まずは、とにかく参加者の女性と会話してみることが大事です。

会話してみないと、相手の性格や価値観はわかりません。

相手の女性のことがわかってこそ、あなたにピッタリでレベルが高い女性なのかがわかります。

フリータイムの形式だと、なかなかこちらから女性に話しかけるのが難しいという場合も多いでしょう。

自分から女性に話しかけるのが苦手な男性には、個室タイプの婚活パーティーがおすすめです

個室タイプなら、すべての女性参加者と確実に1対1で会話ができますよ。

個室タイプの婚活パーティーのおすすめはこちら。

↓↓↓合わせて読みたい

②婚活パーティーに初めて参加してマッチングすると考えない

カレンダー

婚活パーティーに参加する理由は、もちろん交際相手や結婚相手を探すためです。

そして、結婚相手としてきちんとした女性を見つけることです。

ただ、1回目や2回目のパーティー参加で理想の相手と出会えるとは考えないでおいたほうがいいでしょう。

もちろん、1回目で運命の相手と出会うことはあるでしょうけど、1回で決めると意気込みすぎてしまうと、焦って相手のことがよくわからなくなってしまうものです。

何回かのパーティー参加で相手を見つけていこうと構えておくと、気持ちに余裕ができてよくない相手を選んでしまうリスクもグ~ンと低くなりますよ

いろんなパーティーにダラダラと参加し続けたり行きまくるのもよくありませんが、1回でマッチングを決めると焦りすぎるのもよくありません。

③あなた自身と違う条件の参加者ばかりのパーティーは避ける

PClook

参加する婚活パーティーを選ぶ時は、参加条件にあなた自身が当てはまるパーティーにちゃんと参加するようにしましょう。

あなたと違う条件の人ばかりのパーティーに参加すると、浮いてしまうのはもちろん女性が望む条件にあなたが合わなくてマッチングしにくくなってしまいます

「条件が合わないパーティーに参加しないって、参加条件を読んでさえいれば大丈夫なのでは?」とあなたは思うかもしれません。

しかし、参加条件を読んでその条件に当てはまると思って参加してみても、年齢層がずれていたとか意外と思っていたのと違っていたパターンもあるんです

婚活パーティーでの婚活は、どのパーティーを選ぶかが第一段階です。

パーティー選びの段階で失敗してしまうと、いくら会場でがんばってもマッチングがかなり難しくなってしまいます

女性とマッチングしやすくするために、パーティー選びの参加条件はしっかり考えてください。

婚活パーティーの失敗しない選び方はこちらで紹介しています。

↓↓↓合わせて読みたい

参加者の質が高い婚活パーティーを選ぶことも大事

カップル

婚活パーティーの参加女性についてまとめました。

体験談や口コミを見て、婚活パーティーの参加女性によくないイメージを持っているかもしれませんが、それはごくごく一部です。

ほとんどの女性は、結婚相手をちゃんと真剣に探しに来ているものです

そんな本気度の高い女性の中からあなたにピッタリでレベルの高い女性を選びましょう。

レベルの高い女性の選び方のコツを紹介してきましたが、なにより質の高い女性が参加してくる婚活パーティーを選ぶことが大前提です。

参加者の女性のレベルが高い婚活パーティーに参加すれば、その中で2:6:2の法則での上位2割や普通の6割の女性も他よりレベルが高いことになります。

もっともっとレベルの高い女性と出会える確率が高くなりますよ。

レベルが低くない、しかもあなたにピッタリの女性参加者に出会うための婚活パーティーの選び方やおすすめパーティーはこちらを参考にしてください。

↓↓↓合わせて読みたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする