35歳の独身男性が結婚を焦るのは逆にチャンス!モテ期は30代後半に来る?

35歳という区切りの年齢を迎えて、ふといまだに独身であることに少なからず不安や焦りを感じる男性は少なくありません。

昔と比較して、現代は晩婚化してきているので30代で結婚していないのは特に珍しくはありません。

でも、30代半ばの35歳になると30代後半になって40代も近づいてくるので、急に結婚に焦りが出始めるものです。

男性が35歳を過ぎて結婚を焦るようになってきた、それはかえってチャンスと言えるんです

実は、30代後半の男性は結婚するのに遅いどころか、モテ期や結婚適齢期と言っていい年齢層と言えるんです。

だからこそ、この年代で結婚に焦りが出て意識することは最もいい時期と言ってもいいくらいなんです。

結婚について考えだした30代後半の独身男性に訪れる、大きな大きなチャンスについてお話します。

30代男性が結婚に焦りを感じるのはごく当たり前なこと

悩み

20代のときは、恋愛は興味があったけど結婚については深く考えなかった。

それが、30歳を過ぎて35歳とかの年齢になると急に結婚していないことを意識するようになってしまう。

こんなパターンの男性が世の中になんと多いことか。

主な3つの理由はこちらになります。

①周りの男性の友達や知り合いが既婚者ばかりになってくるから

厚生労働省が発表した「平成28年度人口動態統計特殊報告」によると、平成27年の男性の平均初婚年齢は31.1歳です。

つまり、31歳を過ぎれば結婚している男性が多くなってきます。

30代になって31歳を4年過ぎた35歳ともなれば、周りの同年代の男性はいつの間にか結婚している人ばかりになっています。

それで、取り残されたような気がして結婚に焦りを感じ始めるんです。

②小さい子供を見てかわいいと思うことが増えてくるから

30代半ばや30代後半だと、幼稚園や小学校の子供がいてもおかしくない年齢です。

そのくらいの小さい子供を見て、かわいいという親のような気持ちが出てくるものです。

これは年齢を重ねると出てくる、親の本能のようなものでしょうか。

それで、子供が欲しい気持ちと結婚したい気持ちが同時に芽生えてきます。

③将来も1人でいることに不安を感じるようになるから

1人暮らしをしてる社会人の男性は特に感じるかと思いますが、年齢を重ねていくと1人で暮らしていることに不安を感じることもあります。

孤独死などの言葉も一般的になってきていて、1人でずっと暮らしていくことが寂しいのはもちろん、生活上の不安や心配にもつながっていきます。

そんな将来にも1人で暮らし続けることが現実的になってくるのが、30代に入って特にアラフォーの30代後半や40代の年齢層の男性なんです。

35歳は男性の婚活の限界ではない!逆に有利な年齢!

指さし

男性は30代後半になって結婚に焦りを感じることが多い理由についてお話ししました。

では、30代で結婚してない男性はもう手遅れなのでしょうか?

いえ、そんなことは決してありません!

実は、30代後半は男性のモテ期と言える年齢層で、成婚率が高くて結婚適齢期と言える時期なんです

だから、この時期に結婚に焦りを感じて婚活の行動を始めるのは逆に大チャンスと言えるんです。

お見合いの申し受け数では30代後半の男性がダントツでモテる!

30代後半の男性が一番のモテ期と言えるデータを紹介します。

まず、1年間の間の年代別のお見合いの申し込みと申し受け数のデータです。

お見合い数

出典:婚活総研 by IBJ

このデータを見ると、35歳~39歳までの30代後半男性がダントツでお見合いの申し受けの数が多くなっていますね

1人あたり年間154件ものお見合いが、女性から30代後半の男性に対して申し込まれているんです。

30代後半の男性がお見合い申し受け数が多い理由ですが、お見合い条件にあげる年収と考えられます。

IBJの調査による、男性へのお見合い申し受け数と申込数の結果がこちら。

1人当たりのお見合い「申し受け数」と「申し込み数」の比較

※(申し受け数:申し込み数)

400万未満(38件:67件)
400万以上~500万未満(50件:64件)
500万以上~600万未満(93件:66件)
600万以上~700万未満(139件:68件)
700万以上~800万未満(166件:63件)
800万以上~900万未満(168件:65件)

年収500万円以上から、お見合いの申し受け数が申し受け数を上回っていますね。

つまり、年収500万円以上の男性はお見合いをよく申し込まれることになるんです。

国税庁によると、35歳~39歳男性の平均年収は517万3000円です。

男性は、30代後半になると年収500万円を超えてくる人が多くなってきます。

つまり、年収が500万円を超えてくる最も若い年齢層の男性は30代後半ということになり、年収面と年齢面で女性からお見合いを申し込まれやすいわけです。

次は男女での年代別の成婚率を見てみましょう。

成婚率

出典:婚活総研 by IBJ

成婚率は、40歳~44歳の40代前半が男性の成婚率が一番高くなっていますね。

おそらく、30代後半の男性がたくさんのお見合いをこなして、女性とのお付き合いの交際期間を経て結婚した結果、40代前半の成婚率が高いのでしょう。

また、女性の場合は成婚率が最も高いのは、35歳~39歳の30代後半の女性です。

婚活では、20代女性ではなく30代後半の女性が成婚率が一番高くなります。

40代前半、もしくは30代後半の男性の相手として年齢が離れすぎていないちょうどいい歳の差と言えます。

30代後半や40代の男性は、婚活で結婚相手の女性と年齢差が少ない成婚ができているんですね

そして、最後に男性のお見合いの成立した割合を年代別に見てみましょう。

お見合い成立

出典:婚活総研 by IBJ

お見合いの申し受けの数がダントツの30代後半の男性ですが、なんとお見合いの成立した割合は年代別で最も低い結果になりました。

これは、お見合いの申し受け数がダントツで多いので、お見合い成立の割合が自然と低くなっている結果でしょう。

お見合いの申し受け数が多くなっても、実際にお見合いができる回数には限界があります。

毎日のようにお見合いができるわけじゃないですし、1日に何回もお見合いできるわけじゃありません。

だから、このお見合い成立率が低いのはお見合いの選択肢が多すぎることが原因でしょう。

女性からのお見合いの申し込みが多いということは、男性側が選べてしまうために断るケースが多くなってくるので成立する割合が減ってくるんです。

それだけ、30代後半の男性はお見合い相手の女性を選びたい放題とも言えますね。

男性はお見合いの選択肢が増えれば自分自身に合った女性を選びやすいので、成婚できる可能性も大きくアップします。

また、断る数を減らしてお見合い数をもっともっと増やすこともできますね。

30代後半男性が結婚や婚活をギブアップするのはもったいない!

fight

年代別のお見合い事情のデータを見て、30代後半の男性が婚活で最もモテ期であることが分かったでしょう。

男性の結婚や婚活の限界の年齢は35歳という言葉を聞きますが、全くそんなことはありません。

むしろ、30代後半の男性は婚活市場で一番の売り手の年齢層なんです

ただし、30代後半の男性が最もモテるのは婚活している中での話です。

これまで見てきたデータは、結婚相談所でのお見合いや成婚率のデータです。

日常生活の中で知り合っての交際率や成婚率ではありません。

30代後半男性は、プライベートではなかなか同年代の女性と知り合って交際に発展するのはなかなか難しいでしょう。

婚活の場であるからこそ、結婚を真剣に考えている同年代の女性と出会うきっかけが増えて、その中でお見合いができて成婚できやすいモテ期を実感できます。

30代後半男性は結婚に焦る必要はないが婚活はすべき

ファイト

30代後半の男性が、婚活で一番のモテ期であることをお話してきました。

35歳になって、もう婚活しても遅いから結婚は諦めるか・・・なんて思っていたら、それは本当にもったいないです!

むしろ、35歳からの30代後半が婚活男性の一番のモテ期であり、お見合いの申し受けや成婚率が高くなるのもこの年齢層なんですよ

男性の一生の中で一番のモテ期を、何も行動しないで終わらせてしまうなんてもったいないと思いませんか?

35歳を迎えて30代後半になったからと言って結婚に焦る必要は全くないですが、婚活の行動はすべきです。

そうすれば、30代後半男性のモテ期という大きな武器を最大限に活かすことができますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする